松岡正剛氏の最新の千夜千冊で南方曼荼羅をはじめて知りました。
このような図があることに驚きました。

今のぼくではこの図をまだしっかりと理解できておりませんが、
たいへん興味深かったです。図を見て気付いたことはこれから
明確にして自分自身につなげていきたいと考えています。

松岡氏から教えていただいた言葉と身体は一緒であるということは、
これからもぼくの活動の根底にあることだと感じています。

素晴らしい図を知ることができたこと、いつも学ばせていただいて
いることに心から感謝しております。

タグ


このページの先頭へ