見る

「見えるようにする」という行為はたいへんむずかしく、
ぼくにはまだまだできていないと強く感じています。

うまく説明できないのですが、内面を見つめたとき、平面上
では一つのフレームのなかにあるように見えるものでも、
実際は奥行きのあるもので、それぞれの間には距離があったり
するでしょうか。

音楽にも奥行きがあるように、距離感をまだ自分自身が
視覚的にしっかりと把握できていないように感じています。

ぼく自身がそれぞれの距離感をもっと感じることができれば、
見えている景色も今より鮮明になり、ことばでつながる
ことも増え、伝達できることも増えてくると考えています。

タグ


松岡正剛氏 編集工学

先日、KK塾に参加してきました。
今期最後の講師は松岡正剛氏でした。

ぼくはこれまで何度も松岡氏の話を聞かせていただき、
言葉、言語に関わる多くの学びをいただきました。
今回の編集工学の話のなかで気になった言葉は動詞でした。

「またぐ」「わける」「ゆらぐ」「にじむ」などのなかで
特に興味深かったのは、最後に話された「言葉がにじむ」
という話でした。

ぼく自身、動詞についてもっと自由に使えるようになれば、
新たな感覚を感じることができるようにもおもいました。

松岡氏からは「言葉と身体は一緒です。」という言葉を
以前いただきました。その時から言葉への見方や考え方が
より良い方向へ向かっていっていると感じています。いつも
多くの学びをいただいていることに心から感謝いたします。

KK塾では川崎氏と講師の皆様に多くの学びをいただきました。
今後の自分自身の場創りに活かしていきたいです。
ほんとうにありがとうございました!

タグ


このページの先頭へ