感覚

呼吸の流れを意識したり、子供と接することでことばを覚えた頃を
感じたりすることは、大人になり失ってしまった感覚を取り戻すために
ぼくにとって重要なことのように思います。

そのためにできることを一つずつかたちにしていきたいと考えています。

タグ


ことばを学ぶ

ぼくにはもうすぐ2歳になる息子がいます。これまで大きな病気や
怪我もなく、すくすくと元気に育っています。息子からは毎日多くの
学びをもらっています。ほんとうにありがたいことです。

父親として彼に望むことは、ことばに敬意を払って生きていって
ほしいと願っています。偉そうなことを言っていますが、ぼく自身
言葉に敬意を払えているかといえばまだまだです。息子に丁寧に
言葉を伝えながら自分自身も言葉を学び直していきたいと考えています。

ぼくの考えることばの教育のなかで、言語アートのようなものを
新たに創れないものかとおもいを巡らせています。もちろん今現在
ぼく自身が教材としての言語アートをすぐに創れるわけではありません。

言葉の見方が変われば、語学だけでなく、スポーツにも数学にも
様々な分野に関わる自身の感覚が変わり、それぞれのつながりが
良くなっていくように思うのです。

これから言葉を学んでいくなかで文字を描いていくことも
ぼくにとって重要なことになっていくと感じています。美しいかたち
を創り出していくために多くを学んでいきたいと考えています。

タグ


タイポグラフィ

タイポグラフィとは、意味を現実化させる行為。
ー中略ー
たとえば、「わたし」という文字とそれが意味するものとの距離は、
タイポグラフィによって近づけられたり遠ざけられたりする。

「わ・た・し」と表記したりかすれさせたり書体を変えたりと、
さまざまな方法でズレが演出される。

ズレがあることから出発するべきだろう。・・・

この文章は引用ですが、このことを一人でも多くの人が感じて
くれたなら素晴らしいことだと思います。でもこれはタイポグラフィ
だけに限らず、話しことばにもつながる大切なことだとぼくは
考えています。

タイポグラフィとは何かということを常に考え、丁寧にかたちを
つくっていきたい。そして、その場所から何かが動いていくよう
にもおもいます。

タグ


つなぐ

これは古典インド言語哲学の第17章コトバ(1)ー根源ーから
の引用ですが、とても興味深いことが書かれています。

「コトバは、気息を拠り所とし、知識を拠り所とする。そして、
混じり合っている気息と知識という二つの能力によって、
それが開顕の状態を得たとき、意味=対象を、人に理解させる。
そのとき、気息は、知識それ自体によって内部に取り込まれ
一体化している。」

これを読んでおもうことは、知識の能力を向上するための教育
を否定しているわけではなく、その教育はたいへん大切なことだと
考えていますが、一般的に日本の教育では知識の能力を向上する
ための教育は受けるけれども、気息の能力を向上するための教育
を受けることはありません。

気息の能力を向上するということは感性の向上にもつながると
ぼくは思います。気息を学ぶにはヨーガなどがありますが、
デザイン教育にも取り込むことができるのではないでしょうか。

気息と知識をつなぐ教育がつくれたらほんとうに素晴らしい
ことだと思います。今のぼくにはつなぐ力が足りませんが、
これからも諦めずにことばとかたちの関係性を追いかけて
いきたいと考えています。

タグ


かくこと

ぼく自身が「かくこと」について考えると、すぐに思い浮かぶのは
5歳の頃から習っていた書道と、当時の父親の趣味に興味をもって
描き始めたレタリングです。レタリングは10歳頃から好きになりました。

当時を振り返ると、ただ純粋に文字のかたちに興味があったのだと
思います。かたちが変化すれば意味も変化していくことを感じて、
ことばの意味と自分がつくった文字のかたちの意味のズレのような
ものを楽しんでいたように思います。

大人になりことばのかたちを考えていく過程で、本当に心から楽しい
と感じられるのは、つながりを感じられた瞬間のわずかな時間だけ
だと思いますが、自分が美しいかたちを創り出していくためには、
ことばを純粋に楽しんでいたあの頃の感覚は大切なように感じています。

 

タグ


呼吸

書は呼吸の芸術であり、筆の運びと息との関係がストレートに
文字に現れるといわれています。

最近は書道をすることはあまりありませんが、文字を書くこと
は大好きで、いつも線と呼吸の関係性を感じながら書くように
しています。

まっすぐに線を引かなければならないところで息を吸ったら、
流れが途切れてしまって伸びやかな線は生まれません。

呼吸との関係性は文字を書くときだけでなく、ぼく自身が
ことばと接するとき、常にその関係性を感じることができた
なら素晴らしいことです。眼に見えない場所にあるからこそ、
見て分かるかたちにしていきたいと考えています。

タグ


未来のことば

一度、ブルーノ・ムナーリ展に行ったことがあります。
作品のタイトルははっきりと覚えていないのですが、
「未来のことば」のようなタイトルの作品がありました。

そのことばはかたちで描かれていて、背景の色、それらのかたちも
少し暗い印象をもつ色合いでした。正円、正方形、正三角形など
は一切なく、左右、上下対照的なかたちも一つも使われて
いなかったように思います。

インターネットで探してみましたが見つけることができず、
一度しか見ていないので今見たら違う印象をもつかもしれませんが、
未来のことばがこう表現されるのはおもしろいなと共感しました。

この作品のムナーリ本人の意図はわかりませんが、ぼく個人の
感想はとても前向きなことばの見方であると思いました。

読むという行為で損なわれてしまった意味、音、機能および
可能性も感じられるように思いましたし、現代のことばを現代人が
かたちで表現したらこうなることもあるのかなとも思います。

ことばの背景を広げ、創造につなげていくためには有効である
ように思いました。

タグ


知育玩具

バルトリハリの「古典インドの言語哲学」に書かれていること
なのですが、この世において、言葉それ自体として、永遠なものと、
創り出されたものとのふたつがあるそうです。

「永遠なものとしての言葉は一切の言語的・身体的表現活動の
母胎であり、すべての分節的順序をその内に取り込んだものであり、
一切のこの世界に現象したものの発信源である。」と書かれています。

創り出したものとしての言葉は、日常的な言語表現活動に
かかわるものであり、根源的な言葉それ自体であるプルジャの、
影像を受け入れるものであるそうです。

ぼくが少し考えている音とかたちの知育玩具のイメージとしては
前者になります。この知育玩具は「直感」を鍛えることができる
のではないかと思っています。

いつかことばというものを新たな見方で学べる知育玩具を創りたい!

タグ


感謝

ぼくは5歳から書道を習っていたこともあり、
文字を書くことが大好きです。文字に想いを込めて、
丁寧に大切に書くことのむずかしさも心地よく感じています。

文字を書くこと、文字を読むこと、ことばを話すこと、
自分がことばにふれているとき、いつもからだでつながりを
感じながら付き合っていけたら素晴らしいことだと思っています。

ぼくに関わってくれたみなさまに感謝の気持ちを忘れずに、
ことばとかたちの関係性を表現していきたいと考えています。

 

 

タグ


余白

graphics02-300

こちらは名刺サイズのカード用に作成しました。

ことばを話すときは、景色を想い浮かべたり、いろいろなイメージを
重ね合わせながらことばをつないでいきますが、音に変換するあいだに
ことば(文字)の配置をイメージできたらいいなと思うことがあります。

秩序もあって自分にとって心地よい余白を感じることができたら、
話しことばも音楽のように感じることができるのでしょうか。

タグ


2015年9月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:店舗看板

このページの先頭へ