2016年、ありがとうございました!

2016年ももうすぐ終わりです。今年を振り返ると、
多くの方に大切なことを学ばせていただいた一年でした。

皆様のおかげで、最近では自分がこれまで考えてきたことが
少し見えるようになってきたと感じています。

来年は一つひとつ丁寧に自分自身でかたちにして、一人でも
多くの方に伝えることができ、共有できたらいいなと思います。

自分がかたちにしたいものは、独自に組み上げていかなければ
ならないことも多いと感じていますので、様々な学問や
素晴らしい芸術からも学び取る姿勢を常にもち、自分らしい
安定感を見つけて着実に前進していきたいと考えています。

本年はほんとうにありがとうございました。
スタジオのある名古屋のこの場から大切なものを発信する
ために、これまでお世話になった方々への感謝の気持ちを
決して忘れず、一生懸命に学んでいきます!!

どうぞよいお年をお迎えください。
来年もよろしくお願い申し上げます。

 

タグ


2016年12月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:イベント

サインボードアート

文字

「言語は身体の迷宮を通りぬけて浮上してくる。文字もまた
そうだろう。文字は実在しない、こう考えたほうが、文字と
ダイレクトに向き合える。文字は、動機によってさまざまな
階層に存し、また消えていく。階層とは、定着している用語に
よれば、おもには、字体、書体、字形である。」

(グラフィック・デザイナーの鈴木一誌氏から引用)

「言語が浮上してくる」という表現はとてもすきです。ぼく自身
動詞の使い方にもっと幅をもたせたいと思っています。そうする
ことで交わった場所からも新たな発見があるでしょうか。

文字とダイレクトに向き合えるようになることは、言葉と身体の
関係性を深めていくうえで大切なことだと思います。

タグ


筆記体

サインボードアート

このページの先頭へ