感覚

呼吸の流れを意識したり、子供と接することでことばを覚えた頃を
感じたりすることは、大人になり失ってしまった感覚を取り戻すために
ぼくにとって重要なことのように思います。

そのためにできることを一つずつかたちにしていきたいと考えています。

タグ


ことばを学ぶ

ぼくにはもうすぐ2歳になる息子がいます。これまで大きな病気や
怪我もなく、すくすくと元気に育っています。息子からは毎日多くの
学びをもらっています。ほんとうにありがたいことです。

父親として彼に望むことは、ことばに敬意を払って生きていって
ほしいと願っています。偉そうなことを言っていますが、ぼく自身
言葉に敬意を払えているかといえばまだまだです。息子に丁寧に
言葉を伝えながら自分自身も言葉を学び直していきたいと考えています。

ぼくの考えることばの教育のなかで、言語アートのようなものを
新たに創れないものかとおもいを巡らせています。もちろん今現在
ぼく自身が教材としての言語アートをすぐに創れるわけではありません。

言葉の見方が変われば、語学だけでなく、スポーツにも数学にも
様々な分野に関わる自身の感覚が変わり、それぞれのつながりが
良くなっていくように思うのです。

これから言葉を学んでいくなかで文字を描いていくことも
ぼくにとって重要なことになっていくと感じています。美しいかたち
を創り出していくために多くを学んでいきたいと考えています。

タグ


2つのことば

逸脱と正論、運動と創造など2つのことばをもっと意識して
ものごとを見て考えていくと、ぼく自身気付くことも多くなる
のではないかとおもう今日この頃。

それらを見極める力は足りませんが、自分自身がかたちを
認識するためにこのことは大事なように思います。

タグ


このページの先頭へ