量のモデルと質のモデル

カタストロフィー理論は「質のモデル」であるといわれています。

「量のモデル」と「質のモデル」とは一体何か、ぼく自身もまだ
よく理解できていませんが、自分自身を掘り下げて見ていく時の
ものの見方がこのモデルを区別できていないように感じています。

ぼく自身、この区別ができるようになれば、無意識な知的感性と
いうことももっと明確に感じることができるようになるのでは
ないかと考えています。

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ