調和

異なったものに、また時として矛盾するものにさえ、調和を与える
ということは素晴らしいことだと思います。

ぼくは日本文化について学ばなければならないことは多くありますし、
まだまだ未熟ではありますが、不完全なものが完全のかたちになると
いうことを感じ、そのかたちのなかに美を体感できる人間になれるよう、
常に前向きな姿勢でデザインと向き合いたいと考えています。

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ