心の動き

ぼくは小説をあまり読まないのですが、先日、吉本ばななさんの
ある小説を久しぶりに読みました。

ぼくが常に考えていることなのですが、見えているものではなくて、
その奥にある心の動きを言葉でどう表現したら相手により伝えること
ができるのか、そのことに今回の読書でも気付くことがあり、
そして今回もまた幸せな気持ちになれました。

吉本ばななさんの本を読んだことで促された思考から自分が得た
喜びをもって、自分自身が独自の表現へ向かうことができたらと
思います。

 

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ