安定感

「仮説は或る意味で論理よりも根源的であり、論理はむしろ
そこから出てくる。」

これは三木清「人生論ノート」からの引用ですが、ぼく自身も
仮説的に考えられる人間でありたいと思います。確実なものは
与えられたものでなくて形成されるものであるとも書かれていました。

考える力はこれからもいっそう高めていかなければならないと
考えていますが、ぼく自身が仮説的に考えていくためには、考える
力だけでなく、感じる力も必要だと感じています。

言葉と身体のつながりを感じるためには、考える、ということだけ
では限界があるように思います。

ぼく自身まだまだ論理を生み出す力は足りませんが、正しい姿勢
を真似しながら、自分らしい安定感を見つけていきたいです。

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ