ハーモニー

自分の内部で起きていることを、ぼく自身が理解し、美しい
かたちを生み出すためには、視覚と聴覚の感覚を明確に
しなければならないと考えています。

もし限られた時間の中で、視覚と聴覚を同時に感じなければ
ならない時、感性に寄りすぎていると判断が鈍ってしまうように
感じています。

視覚が切り離す感覚であるのに対し、聴覚は統合する感覚で
あること。視覚の典型的な理想は、分けて見ることに対して、
聴覚の理想はハーモニー、つまり一つにすることであると
いうことを、ぼく自身がもっと意識する必要があると考えています。

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ